« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

11月下旬の高麗芝

081126a

11月頭、芝生の花が咲き終わり、
ちょうどその頃から寒くなり始めた。
ここのところは霜もよく降り、
高麗芝は冬モードに姿を変えた。

081126b

まだところどころに青い葉が残ってはいるものの、
ずいぶん綺麗に枯れ上がったものだ。

081126c

こうして近寄って見てみると、緑色の葉があるのがよくわかる。
しかし、遠目に見ると冬芝モードに見える。春は、ちらほら新芽が出てきた
段階でも全体が緑色に見えるのに、冬はその逆。

081126d

名残のバラたちが冴えて色濃く咲いている。
写真はイングリッシュローズのジェントル・ハーマイオニー。

081126e

夕刻の冬の芝庭。
物憂げなほどに寂しく映るこの景色も、
肌寒い中、足を踏み入れてみると
芝生の育つ土がやわらかくて、
なぜか温かみを感じるものだ。

芝庭は冬も温かい。


49350円 話題のバロネスは手動でもバツグンらしい


149100円 バロネス 私がねらっているのはコチラ


■関連サイト&ブログ■
■『音楽と薔薇の園』ホームページ版
■『音楽と薔 薇の園』ブログ版(毎日更新)

   

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

高麗芝の花

081108a

娘が砂場で遊ぶという。息子は勉強中。

11月に入ってからも暖かい日はあったが、今日は少し肌寒い。昨日が立冬で、こよみの上ではもう冬だ。首筋を通り抜ける風は、まさに冬の風だ。

芝生はずいぶんと退色したものの、まだこのアングルからだと青々としてみえる。しかし、よくみると、ところどころに、葉とは異なる何かが見える。

081108b

芝生の花が咲いているのだ。

我が家の高麗芝は、春と秋に花が咲く。春は芝刈りシーズンに入るため、咲いてもすぐに刈り込まれちゃうし、咲かせても芝生の生育に影響は少ない。ところが秋の花は違う。芝刈りは刈り止め中。そして芝生は花が咲きおわると、いっきに枯れこんで行く。

まさに、最後の一花だ。

081108c

植物は、その『生』に『死』を内在させる。そしてその『死』は常に、『生』への架け橋だ。それは連綿と、悠久の時を超えて、どこまでもつながっていく。

081108d

  私も、連綿と続く生と死の一コマでありたい。


49350円 話題のバロネスは手動でもバツグンらしい


149100円 バロネス 私がねらっているのはコチラ


■関連サイト&ブログ■
■『音楽と薔薇の園』ホームページ版
■『音楽と薔 薇の園』ブログ版(毎日更新)

   

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »